アヴェダブランドについて

「全ての智慧(All Knowledge)」。サンスクリット語でこのような意味を持つアヴェダは、1978年アメリカ・ミネソタ州にて、ヘアスタイリストであったホースト レッケルバッカーにより創設されました。自然の中でバランスをとって、自らの自然治癒力を高め健全な心身を維持するのを目的とする古代インドの智慧、「アーユルヴェーダ」からインスピレーションを受け、1本の植物成分をベースとしたシャンプーを世に送り出したことからブランドは始まりました。
「母なる大地の恵みとして製品を造るときに、その"母"を傷つけるような方法で製造すべきではない」との信念を元に、美と健康、地球環境を三位一体と考えた製品作りを行っています。また、心身のバランスを整えるためにはホリスティックにアプローチすることが大切だと考え、ヘアケアだけでなく、ボディケアやスキンケア、アロマ製品まで幅広く展開し、現在では全世界30カ国、約9000店舗のサロン・スパで最新の技術を展開しています。

アヴェダの環境保全の企業使命は製品づくりから社会還元まですべての工程に関わります。成分調達においては、オーガニック農法で植物を育てている栽培者たちや、先住民族が先祖代々から受け継ぐ植物に関する智慧に習い、製品開発に取り組んでいます。また、それは調達先の文化や環境を守り、彼らの生活環境を改善することにもつながります。現在は100%風力発電を使って製品づくりを行い、容器や箱の再生素材利用率は、化粧品業界でもトップレベルを維持しています。アヴェダは「持続可能な環境づくり」のために、美の世界のみならず、あらゆる世界において環境保全の模範であることを目指しています。

これからもさらなる活動を展開していく上で、自然に対して誠実であり、純粋でありたい。そうであることがアヴェダの証しです。

再生可能エネルギー


アヴェダは化粧品会社として初めて100%風力発電で生産*。

アヴェダは新しい風力発電から電力を購入しており、米国ミネソタ州の製造、流通、本社からなるアヴェダの主要施設が消費する電力の100%を風力発電によってまかなっています。

*WWDトップ100化粧品会社の各コーポレートウェブサイト確認による(2007年4月)。


CRADLE TO CRADLE(クレイドル トゥー クレイドル)


アヴェダはCRADLE TO CRADLE企業認証と、製品認証ゴールド基準の取得 2009年4月、アヴェダは化粧品会社として世界初、米国では2番目の企業としてCRADLE TO CRADLE(C2C クレイドル トゥー クレイドル ゆりかごからゆりかごへ)企業認証を取得しました。同時に7製品においてC2C製品認証のゴールド基準を取得しました。

CRADLE TO CRADLEとは? (ゆりかごからゆりかごへ)
CRADLE TO CRADLE(C2C ゆりかごからゆりかごへ)とは、自然界にもともと存在する循環の法則にならって、「廃棄」という概念をなくし、使い終わった製品を新たな原材料として新しいものを作るという理念です。これにより健康で持続的な豊かさを創造する、という考え方です。

アヴェダの活動


アースデー月間

1970年、アメリカ環境保護団体は公式に4月22日をアースデーと宣言しました。アヴェダでは毎年4月を「アースデー月間(Earth Month)」と定め、世界中のネットワーク サロン、スパ、アヴェダ ショップで、地球環境保全のために心をひとつにして取り組んでいます。
1999年以降、アヴェダは地球環境保全活動のために総額3,200万ドルを超える募金を集めました。それだけでなく、何百万人もの人々の地球環境に対する関心を集め、意識を高めてきました。


乳がん早期発見の啓発活動

毎年10月は、「乳がん早期発見啓発キャンペーン」として、「乳がんの正しい知識と、早期発見の大切さ」をアピールする活動が世界規模で開催されます。
アヴェダでは、限定の「ピンクリボン ハンド リリーフ」1本の売上につき200円が日本における乳がんに関わる複数の支援団体に、4ドルが北米の乳がん研究基金(BCRF)に寄付され、乳がん早期発見の啓発、乳がん医療の発展及び、乳がん患者のために役立てられます。2004年から現在までに、すでに総額340万ドル (約3.4億円) が寄付に充てられてきました。
同基金は、1993年にエヴリン・H・ローダーによって設立された非営利団体で、世界各地の医療研究施設が行っている乳がんの臨床・遺伝子研究に資金を提供しています。

日本で乳がんは急増しており、現在、日本人女性の12人に1人*が乳がんにかかり、年間では1万人以上*の方が乳がんが原因で命を落としています。乳がんは早期発見・早期治療で治る
可能性の高い病気で、自分で発見出来る数少ない病気のひとつです。
早期発見のために、定期的な検診とセルフチェックを。
*国立がん研究センター がん対策情報センター